水分代謝をよくして体の巡りを良くする方法

水分代謝をよくして、体の巡りを良くする方法

女性に多い悩みの一つがむくみです。むくみは、水分代謝が滞り、体の巡りが悪くなっている状態です。

 

体内の水分は、リンパの流れによって全身に運ばれ、不要なものは排泄されます。この体の巡りがスムーズに行われると、余分な水分が体内に滞ることがないため、むくむことはありません。

 

ですが、女性は筋肉量が少なく、冷えやすいためリンパの働きが低下しがちです。また、必要以上に水分を摂取したり、塩分が多い食事をしていると、体内の水分バランスが崩れ、体の巡りが悪くなります。では、水分代謝を上げて体の巡りを良くするためには、どのような方法があるのでしょうか。

 

筋肉を動かす

リンパには運動機能がなく、筋肉の動きによって全身に流れます。ですので、ウォーキングやストレッチを日常的に行い、筋肉を積極的に動かすことが大切です。
リンパには浅いリンパと深いリンパがあり、水分代謝に関わるのは深いリンパです。

 

深いリンパは、インナーマッスルに働きかけることで刺激されるため、ストレッチをする際はピラティスなどを取り入れたストレッチがおすすめです。

 

「冷え」に気を付ける

体が冷えると血液の循環が悪くなり、同時にリンパの流れも悪くなります。

 

ですので、冷えとむくみは同時に発生します。これを改善するには、体を温めることが有効です。

 

それには、

  • 腹巻をする
  • 靴下を重ね履きする
  • ぬるめのお湯にゆっくり浸かる

などの外側から温める方法と体を温める食べ物を食べて内側から温める方法の両方のケアがおすすめです。

 

体を温める食べ物には、生姜、根菜類、ひじきや黒豆などの黒い食材などがあります。

 

飲み物は、コーヒーと緑茶は体を冷やしますが、紅茶は体を温める働きがあります。

 

紅茶にすりおろした生姜と黒砂糖を加えて飲むと、体の巡りを助けます。

 

栄養バランス

スナック菓子やファストフードは塩分が高く水分代謝を滞らせるため、控えるようにしたいものです。

 

逆に積極的に取るよう心掛けたいのは、野菜や海藻などカリウムを含むミネラルやビタミンが豊富な食材です。栄養バランスの良い食事を心掛けることで、体の巡りの良い体に整えられるので、一度食生活を見直すことをおすすめします。