自然食品で胸を大きくする

自然食品で胸を大きくするには何を選ぶべきか?

胸は乳腺と脂肪で作られていて、大きさには乳腺が大きな影響を与えています。

 

乳腺は女性ホルモンが分泌されることで発達するので、食生活や睡眠など生活習慣の影響も受けます。乳腺マッサージやバストアップサプリなど、胸を大きくするためのサポートアイテムやケアアイテムが多く販売されていますが、なるべく自然な方法で胸のサイズアップを目指すこともできます。

 

まず、バストアップを実現するには、女性ホルモンや成長ホルモンの分泌を促すのが重要です。

 

女性ホルモンの分泌を増やすためには、バランスのとれた食事を摂りましょう。身体を作る材料となるたんぱく質をはじめ、各種ビタミンやアミノ酸など、多くの種類の栄養素が女性ホルモンの分泌に関わります。

 

食事の内容も、自然食品のように材料にも気を使って選べばより良い結果が期待できます。

 

自然食品とは農薬や化学肥料などの使用を最低限にとどめた農産物や、合成飼料を食べさせずに育てた畜産物などを意味します。化学肥料や合成飼料で育った野菜や動物は、身体に成分を蓄えてしまっていることも多く、それを口にした人体にも成分が摂りいれられていることになります。

 

そのため、バストアップに欠かせない健康を保つためにも、自然食品のように生産方法にもこだわった食品を口にすることは、胸にも良い影響を与える可能性があります。
胸をサイズアップさせるのに有効と言われる代表的な食品に、大豆イソフラボンを含んだ豆腐や納豆があります。

 

大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンと似た働きがあるとされ、女性ホルモンと同じく乳腺組織を刺激してくれると言われています。

 

大豆だけでなく、米や小麦などの穀類、ジャガイモやほうれん草などの根菜や緑黄色野菜にも、大豆ほどではありませんがイソフラボンが含まれています。

 

肉類や卵、チーズなどに含まれる動物性たんぱく質も体を作るのにかかせません。カロリーが気になる時は、鶏肉のささみのように、ヘルシーな食材を選びましょう。